私を送る歌

図書館は私の本棚

沢登り

2012年8月22日 (水)

8/16-19

行ってきました
大菩薩峠~大菩薩嶺
ここのモモがおいしかった~
Imgp0348

のんびり~
Imgp0351

下山したら突如 大雨 緑豊かな木々の下でアマヤドリをするも…雨足はひどくなるばかり…隠れる所もどんどんせまくなり…雨に濡れる木々からも雨がボトボト

十数メートル先に見える店先をめざし男らしくびしょぬれになりながら行ってみると…アマヤドリOKとのこと…お店の傘を借りて手をふり仲間をよんだ(でもこの方がたみな男性なんだけどねえ??)

翌日は沢
さあ入るぞ~
Imgp0356

Imgp0357

今回開発したお料理「レモンそーめん」
Photo_2

お世辞だろうけど「うまい」の声たくさん…フフッ…もっと工夫しま~す


2011年7月13日 (水)

避暑してきました~

7/8 夕刻出発して某所で宴会
翌日は兵庫県 須留ヶ峰登山口で皆を見送り読書三昧
いい河原です
Photo

2

夏休みの子どものように…読書&お昼寝
3

4

うつらうつらしていたら何やらゴゴゴゴゴゴッと轟音が響き
こんなものが

Photo_2

そう言えば河原に降りる前におまわりさんがいて「豪雨で道路下が空洞化していて」とその見回りに来られていました

どうやら埋め込み用の土砂をあさっているもよう…

しやけど何か一言言うてえなあ

去ったと思ったらまた来たがなあ

6

作業員の方々は河原でさっきお弁当食べてた人やんか

なんで一言言うてくれへんねんやろ?

やっぱけったいな人多いなあ

翌日は三谷渓谷のとある場所で避暑をして帰阪したのでした


2011年6月14日 (火)

怖いし…ただいま考え中…

6/10-13 鈴鹿に行ってきました
Photo

美味しく楽しかったけれど
Photo_2
Namaqua_33

なんだかちょっと考え中です

楽しかっただけで良かったのかな

落石で右腕を打撲…ちょっとひねられたように痛いです

大石を見た瞬間…覚悟を決め…よっしゃしゃあない…なんて…なぜか慌てず落ちてくる石を凝視していました
大けがするかもなあともちろん覚悟しました…その時は

でも…

誰でもそうだろうけど…今ケガするわけにいかないのよね

自由な勤務のいい職場だしやりがいもいっぱい…誰かさんに「鳴かず飛ばずやんか何十年もおんなし職場って」て言われたけど、悪いけどこの職場が好きだし、いくら自由でも締め切り仕事なので木曜や金曜に、まる一日休んでまで山には行けないのよね…何日もは休めないのよね

うーん怖いし遅いしでも行くと楽しいし…どないせえっちゅうねん

2010年7月20日 (火)

森ガール守り隊

奥飛騨の沢に行ってきた
Photo
水も冷たいし流れもすごい
未だ太っている感覚のままの私はすんごい寒かった
やっぱ初めからカッパを着るべきだったね
往復4時間の林道歩きも終始元気でした
Photo_2

翌日はメインイベントの沢
7年ぶりだ楽しみだ
ところが…
Photo_3
こんな森ガールを一人だけおいとけない
で彼女と2人でゆっくり遡行
しかしここもナメちゃうねえ
Photo_4

流れが速い、多い
でもじっくりお話してゆっくり遡行をして
楽しかったネ


2010年7月 6日 (火)

7/2-4 サーバーにカンパイ

さあ芦生の沢に行くぞ…20時過ぎにビバーク地に着くとさっそく雨がお迎え
でも私たちにはこーんな強い味方がいるのだ
Photo

Photo_2

存分に楽しみ就寝

翌朝も雨…
ではということで
トロッコ道を散策
Photo_3

今夜はかやぶき屋根のロッジでまたまたカンパイ
Photo_4

長女三男次男はくつろぐ
Photo_5

あっ長男はね、奥座敷なので写らなかったの…

皆は自分でつぎたがるが…
私は酒屋の看板娘にお願い…
Photo_7

美味しくて
Photo_6
酔ってしまって…
言いたいことを言って…
スッキリさっさと就寝しました~


2010年6月28日 (月)

雨の中、カニツアー

土日と沢を楽しむために金曜17時過ぎに集合
思い切り週末を楽しむために必死のパッチでお仕事をした。こういう集中と緩和がなんともたまらん

そして
カニをほおばるSWD姉と沢ガニの空揚げ
Photo
お酒も入れてみました~
Photo_2
アジのソテーもしてみました
Photo_3
こんなんやで…
Photo_4

結局、大雨で翌朝退散
私はもーっとひっぱりたかったのだけれど
でも…結局帰ってきて正解
日曜日、登るはずだった沢の地方の天気を確認すると(予報ではない)多い時で6ミリ7ミリの降雨だった

2009年7月21日 (火)

7/18~20 釜の沢・西俣・甲武信ケ岳

すんごいナメに滑りこけましたが堪能してきました。

097181_2

私の朝は腹筋30回から始まる。そしてノビをして起きる。お手てを真上にのばしニギニギを60回。朝食・弁当。出勤して手待ちの間にスクワット50回・斜め懸垂30回・背筋20回・仕事最中に足上げ20回…そして歩く速度で30分ほぼ毎日走る。走れないときはスクワットを100回追加。

このおかげで終始元気に過ごせた。体力がそこそこあるというのは山の楽しさを倍増させる…という事をやっと実感したのでした。

隣にいるのはKNMちゃんではありません。今回のペアーHRGTさん

097183

KHRさんだっけ?曰く「去年までは妹がきとったんかいなあ」。ヘヘヘ。努力のかいがありました。夜中までずーっと元気すぎて少々ひんしゅくものでしたが…

今年の遠征はこれでおしまい。秋には密かな目標があるので、それに向けてまた頑張るゾ~

ビバークでのお料理は今年もお寿司。YSNが桶を用意してくれたのでホントに嬉しかった。

097185

甲武信ケ岳からは生徒さんだけで下ってもらった。バス停で待っていると1時間後くらいにぞくぞくゴールイン。カメラを構える校長の横で手を振って迎えると、みーんな満面の笑み。達成感に満ちた雰囲気に感動をもらった。良かったねえ。

帰りのバスでもしっかり宴会

Photo

Photo_2

2009年7月 6日 (月)

7/5 明王谷:沢搬出訓練

 土曜の午後から坊村に。いつもの面々においつくべくテン場へ急ぐ。なんだか色んな人が入れ替わり立ち替わり宴会に来ていて深夜には、酔っぱらいの大騒ぎがあったみたい…。そのさなかにいたのに、全く知らない私。今回も爆睡です。
さて5日は沢搬出。適当に遡行してザックでの搬出なんだけど…生徒の皆さんは皆熱心。

生徒さんに全てセットをお願いしたのですが…途中で討論会みないになって…そこでYSNさんの名言
「忘れた事を討論しても意味ないよ~口も手もだしてやってみたら~」。

今回はコーチも生徒も男女に分けたってのがよかったね。

女性ばかりでパーティーを組む事も多いわけだから…
三の滝まで行って林道に戻り…ここで修行をしていて亡くなったボクサーのために黙祷…

帰りは涼やかな琵琶湖湖畔の草地で涼みながらプッシュー

6c4870b7

131d9472

Ad2fcf2d

B2dcb589

2009年6月29日 (月)

6/26-28 大峰モジキ谷~稲村ヶ岳~クロモジ尾根

金曜日夕刻。YSN号が職場から3分のスーパー前に迎えにきた。一般社会人じゃないcyu・AKY・YSNの3人は、はよテン場へ着いて、はようんまいアテで宴会をして、はよ就寝するための努力は惜しまない。
ホタルもチラホラいる今日の宴会場所は本当に最高です。
さてモジキ谷。
水量が少ないこの頃の大峰の沢は滑るし結構アブノーマル。生徒さんを入れての大渋滞でたーっぷりと時間が流れる。
こういう時間、私は好きです。自然とともに居るというこの時を楽しまなくてなんとするッ!!!
仕事の事も私生活も考えても仕方がない・考えられない、、、こういう時を自然が与えてくれている。

懸垂下降の写真をYSNにとってもらった

627

クロモジ尾根の途中はこーんな伐採地。

627_2

宴会場所に戻ったのは、出発から14時間後。生徒のみなさん、よーがんばりはったなあ。そやのになんで反省ばっかししてはんねんやろ。自分で自分を褒めてやるのがへたなんだなあ。私なんか、心の中でそして連れ合いに「私めっちゃ元気になったやろ」って自分で褒めてやった。

2009年6月15日 (月)

6/13.6/14 湖南の沢と本流で遊ぶ

さあさあ夏が始まった。
今年初の沢登りです。

6/13は湖南の沢に入った。ここは唯一高巻だけがメインエベントになった。砂が堆積しすぎて水量も少なく怖がりの私が怖がるとこがなかった。
この日一番怖かったのは車の回収で生徒さんの外車を運転したこと。人の車やし山道やし…ウインカー出したらワイパー動くし…ほんまに緊張しました~

ということで転戦。大好きな本流の沢へ。

コックYSNの隣で助手をしながら宴会

Pinkuganiau1

この後、大論争があったらしいが爆睡の私は全く知らない(大論壇の真横で寝ていたのに)

早朝4時過ぎにいったん目覚め毎朝5時過ぎに起床する私の眠りの深さは尋常じゃない。だからいつでも元気なのさッ。

二日目の終了地点で

Pinkuganiau4

昨日とはうって変わった大きな沢に皆さんの笑顔がステキだった。

くすのき山遊会

ぼちぼちいこか

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

山遊記

無料ブログはココログ

最近のトラックバック