« ツアー登山は山の楽しみを外注化?南岸低気圧、東シナ低気圧に気をつけよう | トップページ | 大国見山 番外編5 »

2009年2月24日 (火)

2/22低山でも侮れない 小野アルプス

参加者)田中・新立・田島・高橋・根橋・明代(CL)
記録)田島

加古川駅には予定通りついたんですがねェ。加古川線に乗り換えるのに改札内改札を通るのは初めてだとわかりにくいです。そんなこんなで乗り換えできずにタクシーに乗車した皆さんは30分遅れての到着でした。
小野町駅舎は無人駅ですがこぎれいで食堂がありました。NPO法人経営で手打ち蕎麦やお寿司がありました。
10時に出発、車の往来もあまりない道をのんびり歩いて鴨池を目指します。途中で地元の人たちが桜の植樹をしていました。
野鳥を眺めて縦走路入口の福甸峠から11時10分取りつきました。最初のピークを踏んでからは山陽自動車道を右手に見てアップダウンの繰り返しで汗をかかされます。紅山の岩稜はみごとなもので下りはちょっとした高度感が味わえておもしろい。

惣山を越えたところで雨粒がぽつり。東コースと温泉は次の機会に残して13時10分下山。小野町駅に向かう途中で焼き鳥屋の屋台が店開きしてました。人通りがないのに商売になるのか不思議な光景でした。

結構な斜度の紅山の下り。真剣に下る明代

200902221239291 

田中さんが心配そうに見守っている(赤いヤッケ)…のんきにピースする明代

200902221238451_2

これが紅山下りの全貌だ

Imgp1428

|

« ツアー登山は山の楽しみを外注化?南岸低気圧、東シナ低気圧に気をつけよう | トップページ | 大国見山 番外編5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツアー登山は山の楽しみを外注化?南岸低気圧、東シナ低気圧に気をつけよう | トップページ | 大国見山 番外編5 »