« 大国見山 記録3 | トップページ | 大国見山 記録1(大岳)498m(展望抜群!の大和青垣の一峰)山行 »

2009年3月 4日 (水)

大国見山 記録2

記 録:
 去年は古代の交通・通商・社交の中心地である海柘榴市(つばいち)跡から三輪山に登った。今回は同じ山の辺の道周辺だが、更に北の方。海柘榴市の歌垣で起こった物部氏の美女影姫の争奪戦による悲劇で暴虐な武烈天皇に恋人(貴公子平群(へぐり)の鮪(しび))を殺され、泣きぬれて狂乱した影姫がさまよった所の周辺。また、柿本人麻呂とその恋人の出会いから葬送までの舞台。大国見山頂は大和平野が一望で、かつ頂上の岩場には5箇所のボルダリング場があると前の晩ウェブで見たので期待して行った。
 上記行程時間は予定だが、実際も大体同じように歩けた。
天理駅からのアーケードは楽しい。天理教の儀式用服やハッピ、足袋、干し柿・お餅など様々な食料品、何でもある!感じ。皆ばらばらになって楽しんで歩く。

1

Photo_2
途中で「学生さんのおぢば帰り」の横断幕があったから僕が適当に、「学生さんが先祖の故郷に帰ってくる季節!を強調している」などと説明していたら横から突然「違う!」と物言いが。愛媛からきて滞在している信者の男性。「「おぢば」は教祖の故郷の意です」と訂正してくれた。同じ方向に歩いているから、「説明お願いできます?」と言ったら「いいですよ」と。本殿前では一礼四拍手の天理教式?拝礼を教えてくれた。

Photo_3
 石上神宮の鳥居手前に人麻呂歌碑。「をとめらが袖布留~」の歌を説明。石上神宮は雄鶏のときの声がとぎれなく続いて古い神社らしい雰囲気がある。

Photo_4

こちらはもちろん二礼二拍手一礼の標準型。国宝の拝殿を見る。国宝の七つさやの太刀は公開していない。神宮を過ぎるとすぐ畑の細いあぜ道に分岐する。細いので間違えかけた。両側は古木の梅林。紅梅や白梅が満開。いい匂い。100mくらいで布留の高橋。金属製で情緒がないが、なるほど谷は結構深くて「高橋」だ。全国の「高橋さん」の故郷みたいなもん。
「いそのかみふるの高橋高々に妹が待つらむ夜ぞ更けにける」の歌から、
「衾路(ふすまじ)を引き手の山に妹(いも)を置きて山路をゆけば生けりともなし」
まで、人麻呂の妻恋いの歌を紹介。
菜の花満開。オオイヌノフグリなど小さい花もあちこちに。
ついでに、スギの花粉乱れ飛ぶ中をものともせず、昔この橋を裸足で渡っただろう影姫の伝説を説明。海柘榴市(つばいち)の歌垣の美女争奪歌合戦が発端(まるでオペラみたいな!)。詳細は下記の参考資料の通り。

1_2

 さて大和青垣(大和平野の東に立ち並ぶ山脈)の一つ大国見山の登りにかかる。

Photo_5
(日本武尊(やまとたけるのみこと/大和建命などとも)は父の景行天皇に命ぜられて熊襲征伐に行き、単身女装して熊襲兄弟の横に紛れ入り、兄弟を刺し殺して征伐した。しかしまたすぐに東国征伐を命ぜられ、数々の逸話を残して目的を完遂して大和に帰還する途中で伊吹山の神に祟られ、大和への望郷の思いを込めて「大和は国のまほろば たたなづく青垣 山籠もれる 大和し美るわし」と歌って死ぬ。)
 谷を遡る舗装道路に入って途中にカヤの大木が見えた。地図にある梵字石磨崖は見つからず。
 桃尾の滝で昼食休憩。なかなか大きい滝。大和高原最大という。
ここから滑りやすい急坂。少し時間が遅れているので大親寺をパスして道端の石仏を見ながら休まずに大国見山へ。杉林の急登を過ぎると自然林の急登になって大きな岩がちらほら出てくる。

Photo_6

頂上では比叡山から金剛山あたりまでよく見える。「国のまほろば!」。 

Photo_7

木があるので全方位パノラマとはいかないが。大和三山はちょっと見えにくい。
 前の日にウェブで全国ボルダリングサイト一覧表みたいなのを見て、近畿で30箇所の紹介サイトの中に大国見山の5箇所(岩5つ)の20課題というのがあったから、どんなんかなー?と思っていたが期待したほどのものはほとんどなし。一番大きな岩でも3mくらい。これかな?それとも、このコースではないのかな?

|

« 大国見山 記録3 | トップページ | 大国見山 記録1(大岳)498m(展望抜群!の大和青垣の一峰)山行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大国見山 記録3 | トップページ | 大国見山 記録1(大岳)498m(展望抜群!の大和青垣の一峰)山行 »