2016年2月10日 (水)

1/23 大原 天ケ岳

大原バス停~天ケ岳~鞍馬です

AKY・CYU・HRN
雪がいっぱいでたーくさん楽しみました

Photo_6

Imgp3368

Imgp3369

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

9/15 太郎山へ 長野県上田市

14日はこーんなバンガロウに泊まり

1

中央アルプス、北アルプス、そして晴天なた富士を望めるという、上田市民の山「太郎山」に行きました

2_2

3_2

4_2

6_2

槍が見え隠れする

8_2

10

11_2

頂上に反戦詩人の詩碑が

やはり上田市は偉い…無言館を年間数十万で貸す上田市は偉い

5_2

二日間とも男らしく一人で運転しました…一人は免許証持ってない…もう一人は免許証を紛失…あーあ

12_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

那智勝浦天空マラソン&熊野古道

呑んだ…走った…笑った…登った…は~満喫してきました

まずは…ステキなつりばし

Photo

奥に今回の準主役…よく映えます

素敵なお宿

Photo_2

Photo_3

呑んで笑ってゆっくり入浴…

さてハーフマラソン出発…

Photo_4

終始笑顔で気持ちのよいランでした

翌日は展望のいいところでくつろぎました

Photo_5

Photo_6

お帰りは山と川で充足のドライブ

Photo_7

Photo_8

準主役…よくがんばりました…ありがとう~

でも…主役はアタシなのよん~

Photo_9

| | コメント (0)

色彩のない多嶋つくると彼の巡礼の年(その2)

2013.10.12-13
TJMさん
どっかで耳にしたような・・・と思われたあなた、その通りです。(その1)はあったのかと思われたあなた、四国遍路がそうなんです。が、報告は・・・恐らくないです。単に「巡礼」にかこつけました。
今回、世界遺産の熊野参詣道の小辺路(こへち)を歩きました。本来は高野山から熊野大社までですが、十津川の54㎞の一泊の行程です。伯母子峠・三浦峠の二つの千m越えは四国から帰ってきてからの歩き込み不足のツケが覿面に出ました。最後の9㎞は十津川行きのバスに運良く乗れて帰ってきました。
536_2
高野山千手院橋バス停を下車、郵便局の左手二つ目の辻を入った正面の金剛三昧居院がスタート地点、8:00出発です。
538
道標(行程の道標はしっかりしています)に従い右折しゆるやかな登りがいつしか未舗装になります。尾根道になると展望が開け良い眺めです。今日中に十津川に行く若いランナーに追い抜かれ瞬く間に姿が見えなくなりました。
540
542
薄峠からの急な坂道を御殿川まで下りきります。途中に高野山の霊木、高野槙(たぶん)が左右に生えた石垣の間を縫って赤い鉄橋を下ります。きつい登り返しは大滝集落まで続きます
544
546
トイレを済ませ、広場の四阿で展望を味わい民家の前の路地をたどり山道を進めば、ほどなく高野龍神スカイライン合流点です。ここで10:30。
549
551
アスファルトの照り返しにうんざりしながらお遍路の看板を横目に見ながら
552
だらだらと20分の登ると大きな看板が水ヶ峰分岐の看板です。左手の地道に入ります。
ここで、今日二人目の大きなリック担いだ若者が大股で抜かされました。伯母子峠を越して麓の三浦口でテント泊だそうです。
大股への近道は浮き石だらけの荒れた急坂で、つま先を痛めてしまいました。バスが日に2便の山あいの集落ですが旅館があります。昔は熊野街道の中継点として賑わってたんでしょうね。12:40。
橋を渡って人気のない人家の間の急坂を登り返します。家が尽きるとお墓。そして、いよいよ本格的な山道ですが、広くて整備されています。
道なりに萱小屋跡(テント適地)、桧峠と進み伯母子岳分岐を左手に取ります。今宵の宿、伯母子峠山小屋に午後4時前に到着です。
先客は二人の若者、無人小屋初めてなんですと言って新しい装備を見せ合っていました。ロフトのある寝袋でちょっと大げさ過ぎないかと思っていましたが、シュラフカバー1枚で夜中の寒さに耐えられず幾度も眼を覚ます度に心地よい彼らの寝息が耳につきました。
夕暮れ前に到着した女性も軽装で夜中に何度も寝返りを打っていました。
564
6:00発。
565
566
568
麓まで下って三浦峠を越え十津川を目指します。この下りは前半の道が痩せていて全工程で唯一気を使うところです。それでも街道筋ですから、山中に広々とした旅籠の敷地跡や防風林だったというでっかい杉とか見どころがあります。
571
三浦峠への吊り橋
572
以前は膝がわらってつらい目に遭って時間がかかったので、3人より早く出発したのですが、
膝は痛いし爪は痛いし、登り返しの三浦峠で女性に追いつかれ、その後、2人の若者にも置きざりにされました。
576
この先、バス道を2時間歩くのかとうんざりしていましたが、幸運にも十津川行きの最終(といっても14:01)に間に合いました。さらに、バス停の近くには仕組まれたように酒屋があって、その上、鄙にはマレな○○○○フリーが売っているではありませんか。
写真578 577
車中でのどを潤し、十津川では五条行きのバスを待つ間に地元住民御愛用の憩之家温泉に浸かって帰阪しました。

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

10/12-13 吉野~四寸岩山~二蔵小屋~五番関

行ってきました大峰(CYUU&AKY)

大峰奥駆け
行千岳から笠捨そして地蔵岳から熊野本宮を縦走したのは2005年
とすれば今年はま逆からということで吉野から入りました
ロープウエイとバスを乗り継ぎ
登り口の奥千本を出発

Photo

あいにくの曇りですが日本画のようにけむる大峰を見ながら高度をかせぐ

2

ここも登山道です

3

立派な二蔵小屋

Photo_2

ここで決定的な間違い(奥駆道ということに間違いはないのですが)

大天井ケ岳に行くにはこの小屋すぐの古道研究会が作った標識にそっていかねばならない

しかーしそれを上回る立派な標識に誘われて結局大天井を東から回り込む元々のコースに入りこんでしまった

何度かのスリリングな橋を渡り狼谷に着くと道がスッパリ切れ落ちており、手前には行くなとばかりにトラロープがはられている

スッパリ切れ落ちた先をのぞくと前方に登山道がある

しゃあない降りる…2本のストックを駆使してしまいには臀部も駆使して落ちるように降りる

北海道から来たという男性が…「いやうまいこと降りましたね…私は二回転して今放心状態です」と。

そこからもシャレにならない登山道

そしてついに泊地「五番関」

振りかえるとこんな看板が

9

いや通行してきたんですけど…ほんま危なかった

今夜ここに到着した私達を含む5人ともこの道を通ってきた

なにはともあれ安全に着いた

ホットして食事開始

8

久々にテント泊らしい食事

翌朝ここから大天井ヶ岳を往復しようと思ったが…危ないルートを無事こなしたのだからといって欲をかいてはいけません…と自分をなだめてここから洞川まで下りました

8_2

五番関からは女人結界

なので山上ヶ岳には行けません

奥駆の真ん中が抜けているので次ぎはそこを目指します

約14kgの荷物にかかわらず元気にいいペースで歩けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

長命寺~津田山~国民休暇村

この長い階段で有名なお山に行ってきました

808

30数年前に登ってヘトヘトだった…でも意外としんどくない~

登る前には季節のこの花が満開だった

Photo

頂上直下は大岩がたくさん

Photo_2

島好きな二人はいつかはあの島へ…と誓うのでした

Photo_3

| | コメント (0)

秋の野の花を愛でる

9/23 長命寺~津田山

リーダーAKY(参加CYU/NMR/OGN)

昨日の山は3つも名前がある…いきな山・奥島山・津田山…どれやねん本命は

分かったのは長命寺周辺の山を奥島山といい…分かりやすくいうと奥島山系の○○山ということね。長命寺山に行くつもりがこの縦走路では長命寺山ははずれてていきな山=津田山を通って琵琶湖方面にぬけることになる。登山口がわかりにくくしばし探索。登攀や有名な縦走路とは違いやはり地形図とコンパスは必携。
緑豊かなそして山野草花に恵まれたお得なコースでした
近江八幡駅周辺は水路が有名で…一度ゆっくり訪ねたくなった。
豊かな緑

Imgp1330

萩がたくさん

Photo_4

やまはぎ

Photo_5

柏葉白熊(カシワバハクグマ)

Photo_6

おしい…ぼけてしまった…ミズヒキ

Photo_7

NMRプロフェッサーも花々が大好きなOGNさんも分からなかった…

帰宅して図鑑で発見ヤブランでした

里山に林に生える。葉は細くランの仲間を思わせるが実はキジカクシ科。薄紫色の小花を穂状につける。種子は紫色を帯びた黒色で球形…ふーん

Photo_8

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

9/14-17 尾瀬 ひうち 尾瀬沼 尾瀬が原

行ってきました~
ネギと大根しょった仲間と出発…生野菜はお宝です

お宝の尾瀬とお宝の仲間…そしてお宝の天候に恵まれて…幸せな3日間でした

Imgp0369

Imgp0372

Imgp0374

Imgp0377
沼尻…いつかここに…
Imgp0380
もう少しでテン場です
夕日に…二人の長い影
Photo

早朝の尾瀬沼…コカリナ少年と
Photo_2

Imgp0386

Imgp0387

Imgp0388

Imgp0391

Imgp0397

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

10/9-11 比婆山

CL(CYU)・AKY・YMSK・YSN車提供
楽しい楽しい仲間と南木曽のはずが悪天で西へ
9日は移動のみ
あやしい天気をあやぶみながら宴会~
Photo_11
素敵なキャビンで
翌日は快適に登り、秘湯で一風呂
11日は帰るだけなので
とことん宴会~
ゆったりまったりよーく遊びました
3_2


| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

9/25 敦賀 西方が岳 さざえが岳

とってもいい山でした~
いい仲間に恵まれ幸せです
とにかく眺望がいい~
Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4
下山したら海なのです
Photo_5


| | コメント (0)