2013年11月 5日 (火)

那智勝浦天空マラソン&熊野古道

呑んだ…走った…笑った…登った…は~満喫してきました

まずは…ステキなつりばし

Photo

奥に今回の準主役…よく映えます

素敵なお宿

Photo_2

Photo_3

呑んで笑ってゆっくり入浴…

さてハーフマラソン出発…

Photo_4

終始笑顔で気持ちのよいランでした

翌日は展望のいいところでくつろぎました

Photo_5

Photo_6

お帰りは山と川で充足のドライブ

Photo_7

Photo_8

準主役…よくがんばりました…ありがとう~

でも…主役はアタシなのよん~

Photo_9

| | コメント (0)

2013年10月21日 (月)

10/20 淡路国生みマラソン

金曜の夕刻は某所でおでん大会

そして翌朝から淡路島へ
まずは腹ごしらえ

Photo

Photo_2

こちらの道の駅の食堂で食べると入浴割引あり~

露天風呂を楽しむ

Photo_3

焼き穴子は美味でした~

Photo_4

予約をすれば塩焼きも可能だそうです

Photo_5

初めてのトレーラーハウスにご宿泊

Photo_6

Photo_7

カンパイ~すき焼きでね

Photo_8

Photo_9

そして翌日…降り続く雨の中走りました

Photo_10

11kmまではキロ7分と果敢に走りました

| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

11/23-25 小豆島タートルマラソン

CYUは10km、akiはハーフに参戦しました

うーん何度も来ているのにこんな隠れ家があったなんて

T_1

T_2

楽しい一夜の後は、大画面で

ビリージョエル(なにせ若い頃コンサートに行ったからね~)と観客の歌声にウルウル

ドンヘンリーの声音にドキドキ

ポールの歌声にノリノリ

Photo

T_3

小豆島にも未知の世界がまだあったのね~

展望台からの紅葉

T_5

お醤油をお土産に旭川に帰ることにしました

蔵も立派でした

T_6

いつもの紅葉もはずせません…今年はこんな可愛いお車でした

T_7

かなり妖しいですが邪ではありません

こことこの木いと入れて…なんでそんな思いっきり手ブレすんのん…撮影術を指摘されている~の図です

T_8

ヘヘヘ

T_10

翌日はいつもの民宿に泊

やはり走るってホントにいい…何時間も(遅いから)無の境地…そして一生懸命ゴールしては~楽しかった…やっぱ邪気のない仲間と邪気のない過ごし方をするのが一番いいなあ~みんなありがとう

T_

T__2

T_imgp0617_2

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

11/11 大阪リバーサイドマラソン

SKGTさんに誘われて2回目…参加してきました

連れは風邪でダウン…大雨で走る気力が失せそうでしたが…

T_
雨の中5kmスタート

T_km
年代別2位でゴール…さすがです~

T__2
さて10kmスタート…雨なのでビニールで防寒

T_10km
途中でビニールは捨てました…寒いかと思いきや折り返しで暑くて

T_5_2
 今回の目標は8分ランナーの私が10km全てで7分台で走りきること

T__3
はっきり言って必死です。skgtさんに目線を向けることもできません

T__4

こころなしか ストライドが広がっています…

結果、、、目標はクリアー

降雨で宴会は中止…そんなことはありません…我が家へ急行…えんえんと続きました

ああ楽しかった…

T_imgp0575

T_imgp0576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

淡路国生みマラソン

会員のCYU&AKIはハーフマラソン&5kmランに行ってきました。CYUはk/6分台と自己ベストでした。AKIはばてることなくゴール前ダッシュで気分爽快でした

T__9
T_8_2
T_imgp0532

| | コメント (0)

2011年9月 6日 (火)

8/27 ランナーN岡の立山登山マラニック

 前から行きたかったのですが、もう年齢的にもきついので、走って登ってきました。
 JR富山駅近くのビジネスホテルに泊まり、翌2時起床、この下でマラニック専用バス3時に出発して富山湾の黒崎キャンプ場着。
海抜0mの意味で砂浜の海水をさわってください。とか主催者が挨拶。4時にいっせいにスタート。砂浜の横のジャリ道を 走る。所々にローソクの明かりがある。少し行くと常願寺川に出る。そこから川沿いの道で立山方向へ上がって行く。まだ真っ暗だが人の固まりのヘッドランプの明かりで走れる。後 ろを見るとずーとその明かりで長くつながっている。すごいなぁとちょっと感動する。徐々に人がバラバラになってくると、足下が見えない。そこで100円ショップで買った小さなランプを取り出してスイッチを入れる。案外明るい。ヘッドランプ必要なくなると着替えができる称名滝まで持っているのがいやで捨てても良いもの仕入れた。暗闇を走っている時間は長く感じた。川沿いの道だか常に曲がったり橋を渡ったり方向が変わる。主催者が車のヘッドランプをつけて、こっちへ来いと言っているようだ。最初のエイド10キロで水をもらう。次のエイド19キロ雄山神社、最初に僕のゼッケンナンバーを大声で言う人がいる。もう少し行くと西岡さんですかと声がする。ハイと答える。そして好きな食べ物、飲み物を見つけて補給する。このパターンが雄山頂上まで続いた。この雄山神社から登りが始まる感じだ。次のエイドかすみ橋詰め30キロその次が立山駅36キロ、ちょっと疲れが出てきた。ここまで4時スタートして8時30分。(4時間30分)フルマラソンを4時間以内に完走できる人が参加資格だから、65キロだとこのくらいで余裕のタイムだと思ったのが大きな間違いである。
初めてなので立山の八郎坂の登りなどのタイム感覚はよくわからない。このあと立山駅からのきつい登りで時間が進み過ぎ。体がついていかない。時間との関門の競争が始まった。称名滝42キロで少し寒くなると思い着替える。ここから長いきつい八郎坂を上がると弘法に出る。ここで室堂行きのバスが通るが道路を走れない。木道を走る、この木道はバス道路に沿ってあるので、時々バスの客から、何しとるんやという感じで見られる。自然を守るために木材で作った道である。滑らないよう切り込みを入れているが、案外深いので足を上げ気味に走らないとつまづいてこける。その木道2キロほどを走って追分に出る、ここからはバス道を走る。室堂まで9キロもうバテバテの時間帯、走る気持ちも少なくなり、早足でなんとか室堂に関門1時30分内を目指すがなかなか見えない。多くの人がこの関門に捕まる。見えたが遠すぎる。あと40分では無理だと思ったが、どんどん建物が大きくなる。何とか15分前に到着。
ここからは雄山まで行く意思を示して、雨具をもっているかを検査される。今度は3時までに雄山頂上まで行かないと完走とはならないが、もう走らなくてもと気にしていない。一の越で水350円買ってトイレ行って、ゆっくり登って、2時45分にゴール、完走した。
このあと登れなかった人も雷鳥荘へ行って宿泊した。同じ部屋にいた人は室堂12時30分に着いたが雄山頂上には3時までに行けなかったという人がいて山に慣れていなかったのか、西穂から奥穂の高度順応がきいたのか、少しいろいろ話し合いました。またゴールしたときは2度とこのマラニックはしたくないと感じましたが、今いろいろ反省など検討してみると、うまくやればもっと楽に完走できるのではと思うとまた行きたくなりました。

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

10/3(日)京都おこしやすマラソン

ランナーNSOKさんが昨年紹介してくれた大会。

今年も行ってまいりました

10kmにKRHR・HRGC・CYU

ハーフにAKYそして今年からYSNも参加

NSOKさんは足首を痛めてるとかでCYUの伴走

楽しく駆け抜けてAKYは自己新を達成。

なななんと今年はHRGCさんの職場の後輩(26歳美人です~)も5kmで来られた

会場に着くとNSOKさんがテント下にブルーシート

テントはアウトドアの居心地抜群のもの

テントマットもフカフカのもの

至れり尽くせりでした~

ラン後は大雨でしたが快適なテントで呑む呑む

撤収しようと思ったら雨は止み

なんてラッキー

「ようおこしやす。おきばりやす」舞妓はんのあいさつで始まったこの大会

あんまし楽しいので毎年恒例になりそうです

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

9/12 河内森~千光寺マラニック

リーダーNSOK
メンバーCYU・KRHR・AKY

脱落候補NO.1、KRHRです。
アキレス腱まで赤銅色、カッコいいNSOKさん、
スパッツ+ランパンがカワイイCYUさん、
ギリシャ彫刻のように美しいAKYさん、
ご指導、ありがとうございました。
生駒山系の複数の園地を繋ぐ「おおさか環状自然歩道」及び「生駒縦走路」にほぼ沿うコース。ほとんどが歩きやすく整備された道。園地内は水辺や木陰のおかげでとても涼しく、時に「オーシツクツク」の大合唱の下、タマムシやオニヤンマにも出会えた、楽しい1日でした。

午前8時35分、既に暑い。
今日の行程おおよそ30kmと明かされ、う”―・・
先が思いやられる中、河内森駅前をスタート。
Photo
Photo_2

川沿いの涼しい木陰を進み、星田園地内、クライミングウォール横でトイレ休憩。ここでNSOKさんからザックの重さチェック。携帯すら持たず、極限まで減らしたKRHRのザックですら『まだまだ軽く出来るで』
『重かったら持つよ』
巨大吊橋(星のブランコ)初体験のTKHS夫妻。
写真撮影の為に最後尾に廻られたAKYさん。なかなか渡って来られないのを
『怖いのかな~』と心配する優しいCYUさん。(マジ怖かったです。お尻がムズムズしましたAKY記)
Photo_3
Photo_4
普段の生活圏からそう離れていないのになんだか遠くに来たような錯覚を覚える山並み。橋の中央から谷底を覗き込んだら背中の辺りがひゅーと涼しくなりました。
Photo_5


飯森霊園でトイレ休憩&自販機で給水。立派な桜並木があり、来年の花見山行候補?むろいけ園地に向かうゆるやかな登り坂。
どんぐりが落ちる音が響くほど、静かな雑木林。
横を流れる川には蛍が生息しているそう。

室池で地図を見ながら、半分過ぎたかな~まだかな~
(ここで11時30分くらい)
阪奈道路の車の音が聞こえ始め待望の給水ポイント、ファミマに到着。NSOKさんはここでポカリ大ペットボトル購入。これより後の休憩時は「水、ある?」と聞いてくださいました。
ご自分の為でなく、みんなの為、の2㍑。重たいのに、ありがとうございます。
さらに、雨に備え、全員分のゴミ袋とハサミも用意して下さっていたとは!

くさか園地に入るまでは緑陰のないアスファルト道。これは苦しい。ぬかた園地では、時折右手に広がる大阪平野の眺望にびっくり。いつの間にこんなに登ってきたの??
Photo_6


颯爽と掛け抜けるたくさんのランナー達。
夏の練習は山を走るって、このことなんだ~。
そう、本当に風が心地よく涼しく、気持ちよく走れます。
(いえ、実は私は歩きました・・・・)
なるかわ園地で最後の登り、その直後広がる「ぼくらの広場」ここからの眺め、すばらしかったです。
金剛山も、大阪湾も、その向こうの山並みは多分六甲山?涼しくて広くて、なんて気持ちいいの~!
テンション最高潮。
なんたって、ここまで来たらゴール近し。
Photo_7
Photo_8

鳴川峠で「千光寺」の標識を見つけて、バンザァ~い。
山道を駆け下り
「後半の方が元気やな」とお褒め?頂きました。
正味後半に強いAKYさん、素敵です。炭水化物抜きでの、その持久力。驚異的に思えます。
KRHRは温泉でのソフトクリームに向けてただひたすら下り坂を転がっていました。
宿坊・YHも兼ねているという立派な千光寺も、
ほぼスルー。
温泉!オンセン!(ビール?)へ、ましっぐら。
15時55分、無事到着。
楽しかったです、素直に。
常に全員の体調を気遣い、無理の無いようにゆっくり進めてくださったおかげです。
コースのあちこちで出会うランナーがことごとくNSOKさんのお友達。
そのお顔の広さ驚いていましたら。帰路JRの中でも、親しげに話し掛けるおじちゃん。――こんなところにまで知り合い?!
ますます驚いたら、
こちらはただの話好き、酔っ払いおじちゃんでした。
楽しいよ~いっぺん行ってみなはれ、と写真を見せながら旅行を勧められたNSOKさん。

『僕らにはね、楽しい事がたくさんあるから、いいねん』

そうそう、今日のマラニック、楽しかった~。
昨日の、応急手当講習会も、楽しかった~。
くすのき山遊会、最高~。

ありがとうございました。
NSOKさん、
また是非、よろしくお願いします。

私でも完走(もとい、完歩)できました。
みなさま、次回は是非、ごいっしょに~。

追録
持参水分:ポカリ500ml、ゼリー飲料1パック
追加水分:ポカリ500ml×2、水330ml、ゼリ―飲料1パック

持参行動食:カロリーメイト200kcal、飴1個
追加行動食:おにぎり一個


| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

2010年 新年走ろう会の詳細

 恒例の正月3日に開催する、武庫川SC「新年走ろう会」。関西のランナーには別名「ぜんざいマラソン」と呼ばれる、ランナーたちの“賀詞交換会”です。この大会を新年の“走り初め”にする近在の多くの韋駄天たちが、この日武庫川に集います。
主 催 : 武庫川スポーツクラブ 大会実行委員会(実行委員長;亦賀正義)
日 時 : 2010年 1月3日(日)
種 目 : 
2 Km   (20分以内で走れる方)
5 Km   (小学生以上)
10 Km  (80分以内に走れる方)
 事前申込は不要で当日エントリーのみです。走り終えたあとには主催者から、焼きたてのお餅が入った“ぜんざい”がふるまわれます。この大会は、記録を取らず表彰も致しません。どうぞ、小学生のチビッ子も含め、家族でお気軽にご参加ください。
会 場 : 武庫川 尼崎(大阪)側河川敷 旧国道・武庫川橋下
阪神本線「武庫川」駅から北へ350m(徒歩3分)の地点
(例年の会場より北へ移動しました) 
受 付 : 9時20分より 各種目スタート20分前まで
スタート ; 
2Km ・・・ 10時00分
5Km ・・・ 10時30分
10Km・・・ 10時35分 参加費 ; 
2Km ・・・ 200円
5Km ・・・ 400円
10Km・・・ 600円
コース : 武庫川 河川敷尼崎側コース
参加方法 :
事前の申し込みは不要です。当日の受付のみです。 
参加費も当日に受付でお支払ください。
受付でお渡しする種目別の色リボンをつけてスタートしてください。
記 録 : ゴール時点でタイムを読み上げしますが、記録はとりません。
したがって順位表彰はありません。完走証も発行しません。
給 水 ; スタート付近で1ヶ所設置します。
参加賞 : ありませんが、ゴール後に、全員に餅入りぜんざいのサービスがあります。
その他 : 主催者は駐車場を用意していません。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

10/4 鴨川おこしやすマラソン

うちで唯一のランナー西岡さんに連れられて参加してきました。
10km:田嶋・堀口・桐原
ハーフ:西岡・忠・明代

9時45分に出町柳に集合
受付を済ませ(10時半まで)

西岡さん持参のビニールシートでくすのき陣地をつくる
出走準備中

Photo_2 

この後、某所のトイレまでアップを兼ねて走りました。
西岡父に導かれるカルガモみたい…
さて走るか
10kmスタート前

Photo_3
ハーフスタート前

Photo_4

快調に走る京チャン

Photo_5

もちろん西岡さんは快調に決まってます

ゴール前の西岡さんはかっこいい

Photo_8

Photo_9
スタートから、ハーフはすごい勢いです。キロ7分少々でも後方になってしまいます。
10kmの折り返しをして、3km程行くと、どうもモモが上がってくれません。15kmエイド前でついに歩きました。周りが真っ白になり倒れそう。エイドで給水後、座り込み15分休憩。
こんなこと初めてです。
そこからは夫唱婦随で数百m歩き、元気のでてきた明代は忠をおいてけぼりにし、速歩に切り替え
カルピスを差し出してくれた私設エイドの女性が、「もうあと1kmちょっと、完走ですね」というので、走り始める。
ほどなく誘導のスタッフが「あと2km。がんばれ」エッエ~1kmちゃうのんかいなあ。しゃあないトボトボと走る。時折振り返るが忠さんの姿は見えない。
おー出町柳が見えてきた。ようやく安堵し満面の笑み

Photo_6

ゴール~

忠さんを皆で待っていると
こういう感じ

Photo_7

そしてゴール前に移動すると
「最終ランナーです皆さん応援を」とのアナウンス

よーく見るとそれは忠さんなのでした。
スタッフが真後ろに走っておられ励まされながら、会場のたくさんの人の拍手の中、ゴールしました。

その後は
温卵カレーうどんを食し

Photo_10

そのまま我が陣地で陽がくれるまで「昨年・今年入会者歓迎会」を兼ねた宴会をしました。
来年の教訓
デコラン・蚊取り線香必携
そして練習もね

Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4

| | コメント (0)

より以前の記事一覧